少年の頃の夢

「ヒーローのように超人的な強さを身につけたい!」

今のあなたの夢

「健康的で颯爽とした動きを100歳まで保ち、カッコよく生き続けたい」

 そんな夢は実現しないとあきらめていませんか?

実は、これらの夢は全て一年後にかない始めます。

 そう、もしあなたが、もうひとつの夢「武道の達人になって幸せになりたい!」と真剣に思うならば。

見るだけでケンカに勝てる実証済テクニックの喧嘩術は、東大ゼミでも採用された科学的な危機管理術です。

「喧嘩術実習」は、格闘技とは全く次元の異なる日常生活における戦いを想定しています。
酔っ払いにからまれたり、オヤジ狩りにあったり、ぼったくりにあったり、泥棒にあったり、痴漢にあったり、世の中には様々な予期せぬ災いがあります。
これらの災いを未然に防ぐ智恵を学び、それでも防ぎきれない時は、敢然と災いを打ち払います。
その実証済みの智恵とテクニックを伝授。
自宅でひとりでケンカに強くなりたい人におススメです。

喧嘩術実習 全24講義

1.ケンカ術とは何か
2.ケンカ術の達人 ケンカエピソード
3.環境の利を戦いに生かす
4.五段階危機管理術
5.レベル3の対処
6.ケンカに有効な技のデータ分析
7.位置エネルギーの利用
8.掌底の使い方
9.エネルギーの集中
10.体幹を使った攻撃
11.弱点の攻め方
12.素人でもできる実戦蹴り
13.寝技への対処
14.防御のコツ
15.日用品の武器化
16.環境の武器化
17.ケンカ術の型
18.対武器の戦い
19.対複数の戦い
20.様々なシチュエーション
21.車での戦い
22.トレーニング 声を出す
23.武術の極意 力点のずらし
24.戦いの心構え

林 悦道(はやし・えつどう)

1947年、岐阜県に生まれる。
小学校高学年の頃、歳上の従兄より空手を学ぶ。
1965年、高校卒業後、空手(剛柔流)、少林寺拳法、古流柔術(高木流)、棒術(神道夢想流)などを学ぶ。
1967年、日本電話施設株式会社に入社、工事現場で働きながら、ケンカ師よりケンカ術を伝授される。
20歳頃より、ウェイトトレーニングを若山敏弘師より学び、約10年後、台湾に数年行っていた若山師から、中国拳法の指導を受ける。
1980年、士心館を設立。自己の経験を基に、実戦空手の指導を始める。合わせて、壮年部にてケンカ術、護身術の指導を開始。
1982年、岐阜県パワーリフティング協会を設立し、理事長として協会の発展に尽力する。この頃より、名城大学理工学部助教授であった鈴木正之先生に師事し、パワーリフティングの指導を受ける。
1983年、日本電話施設株式会社を円満退社。
1983年、全日本新空手道連盟と全日本キックボクシング連盟の旗揚げに参加し、現在に至る。
1989年、岐阜県パワーリフティング協会を、後任に託して引退。
現在、士心館 館長、林流喧嘩術 宗師
著書『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』(東邦出版)『このケンカ術がすごい!』(東邦出版)『ケンカ術の科学』(東邦出版)
DVD『古流喧嘩術 素手十七技』(フル・コム)『喧嘩術極秘伝』(フル・コム)『初めての喧嘩術』(フル・コム)

オンラインBUDOカレッジは、希望の武術講座を選択すると、毎月2回の動画配信と講師を務める達人自らのフォローアップを通じ、段位取得が可能。あなたを武術の達人へと導きます

武術の達人になってしまえば、

①暴漢を一発で倒す護身力が身につく
②正しい姿勢と颯爽とした動きで日常生活を送れる
③病気をしない強い身体となり長生きができる
④ピンチの局面でも冷静に対処できる胆力がつく
⑤緻密な身体操作と精密な技術の追求は、一生終わることのない生きがいとなる
⑥趣味を語り合える仲間ができる
⑦強さが自信となり、堂々と明るく楽しい人生を送れるようになる

 これが武術が持つ7つの威力。
 さあ、いつまでも夢を夢のままで終わらせず、自分の中に眠る未知の可能性を呼びさましてみませんか。

BUDOカレッジ主宰 山田英司

男の子の夢を武術がかなえる

 皆さんになぜ、本物の武術の習得をお勧めするのか? その理由は簡単です。
 私自身が武術を学ぶことにより、健康的な身体と積極的な心を手にし、奥深い世界への探求を続ける充実した毎日を送れるようになったからです。
 さらに、武術の指導を約20年続ける中で、指導した生徒には、引きこもりや自分に自信が持てなかったり、体が弱かったりする者が数多くいましたが、いずれの生徒も武術を正しく学び、強くなり、自信がつくと社会的にも成功するようになったのです。そのせいか、いつの間にか私の指導する教室は、医者、弁護士、先生、社長など社会的ステータスのある生徒が多くなっていました。
 そう、武術を学ぶと誰でも心と身体が強くなり、社会においては自己実現能力が高まる。すなわち、幸せになるのです。
 健康と長寿、社会における自己実現、自己の内面の開発と発見、そしてリアルな危機管理能力の養成。これらが今日における幸せの前提条件ならば、これらを一気に、確実に身につけられるものは、武術をおいて他にありません。
 武術を身につけることは、そのまま今日的な幸せを身につけることにつながるのです。
 かく言う私も、子供の頃は体が弱く、心臓に病気を抱え、医者から運動を止められていたものです。
 それが、真正の中国武術と出会い、毎日練習を続けていると、人より丈夫になってしまいました。60歳を過ぎた今でも、病気ひとつすることなく、若い時より、ずっと早く動けるようになり、病気やケガとも無縁。体力が落ちないので、メガネも入れ歯も無関係。医者や薬とは縁遠い生活を送り、その分自分の仕事や趣味にバリバリと打ち込む生活を続けています。まさに健全で幸せな毎日を送れるのは、武術との出会いがあったからです。

開成と松田先生は同じ教えだった

テレビの名門校番組で、活躍する開成OBとして紹介される

 2つの大きな出会いが、私を武術の世界に引き込んでくれました。
 ひとつは、東大進学率38年1位で受験校として知られる開成で中学、高校という思春期を過ごしたことでした。
 実はこの学校は一切勉強しろ、と言わないのです。言わないどころか私のような勉強嫌いの人間をクラブの部長に任命し、好き勝手にやらせてくれるような校風でした。
 東大に行きたい奴は勝手に勉強し、勉強が嫌いな人間は、勉強以外に好きなことを見つけ、それに没頭せよ、という教え。私は開成で漫画や武術、哲学など自分の好きなことを仲間達ととことん追求する楽しさを学びました。
 ふたつ目の出会いは、大学時代に中国武術家の松田隆智先生と知己を得て、拝師弟子となり、本格的に中国武術を学べた事です。
 松田先生の教えは、開成の教えを、より先鋭化したものでした。「強くなりたければ就職するな」「好きなことは徹底してやれ。金はあとからついてくる」というものでした。
 私は、早大で中国武術クラブの主将をしていましたが、松田先生の言葉通り、大学もやめ、拳法に没頭して、就職もしませんでした。
 そんな私に松田先生が、空手雑誌の出版社を紹介してくれた為、私は、その会社で「フルコンタクトKARATE」や「武術」の編集責任者となり、その後、武術や格闘技の雑誌、書籍やDVDなどを今日まで作り続けてきました。なぜそんなに長くモチベーションを持続できたかと言うと、読者の為と言うより、子供の頃からの夢だった武術の達人になるために何が必要か?という事を、編集長という立場を利用して追求していたからかもしれません。

早大演武会にて、松田隆智氏と

 自分の知りたい事を、有名な先生に聞きに行き、読者に紹介し、自分でも実践する。こうした手法の記事は「やる側」の読者からも大きな支持を得て「やる側の雑誌」として、格闘技雑誌ブームの一端を担いました。
 武術の本当の事を知ることが目的の私は、中国武術や合気道の神秘性にも疑問を投げかけ、実際に戦う格闘技ルールで実力を証明することの大切さを読者に伝えました。
 それを自分の身体で検証するため、私自身が顔面ありのKОルールである過激な新空手に出場したこともあります。松田先生から学んだ八極拳を格闘技ルールで通用するかどうかを検証するためです。結果は34歳の最高年齢の出場で3回戦進出。敢闘賞を受賞し、ある程度の手応えはつかめました。
 この経験をさらにフィードバックするため、37歳のときタイのパタヤに渡り、元ラジャの上位ランカーと戦いました。
 37歳で元ランカーと戦うなど、狂気の沙汰と思われるでしょうが、私にとっては、武術の真実を知る為には、自分の身体を犠牲にするしかなかったのです。結果は2ラウンドKО敗けでしたが、実際に戦うことにより、大きく武術の真実に近づくことができました。
 周囲や読者からは「戦う編集長」などと異名を取りました。

37歳のとき、元ムエタイランカーと戦う

 こうした真実を追求することに関しては、私は一切妥協しませんでした。そのため、本当のことを書かれると困る人達もいて、ずい分嫌われたものです。
有名なプロレスラーから女子トイレに連れ込まれたり、モンモンの入った人達にサウナに連れ込まれ脅し文句の雨アラレ、などのスリリングなエピソードに事欠かなかったのも、この頃です。

次は、あなたが夢をかなえる番です

 この経験は私に大きな真実を気づかせてくれました。武術・格闘技ファンと言われる人達の中で、本当の事を理解しているのは、ほんのひとにぎり。大半の人は、プロレスと真剣勝負の違いもわからないのですから、神秘武道のもっと高度なウソやトリックなど見分けられるはずがありません。
 そこで、私は武道や格闘技、ケンカ、実戦などの概念を整理し、理論化する為「武術の構造」を始めとする理論書をシリーズで執筆するとともに「拳功房」という自らの理論を検証、実験する道場を設立しました。これが今日のBUDO-STATION。そしてBUDOカレッジにつながります。
 私ひとりの夢だった「超人のように強くなる」「病気ひとつしない体になる」「武道、武術を通じ、自分と向き合い悟りを得る」「秘術を自分の体で体現する」「ピンチにおいても動じない心を作る」などの思いを、今では多くの人と共有することが私の夢です。しかし、有名な武術家の先生が近くの教室で教えていることは稀でしょう。だからこそ、誰でも自宅で一流の武術家に本物の武術を学べる夢の武術大学を設立したのです。それがBUDOカレッジ。
 本物の武術を学べば、誰でもこれらの夢は手に入るのは、既に私が実証済みです。
 次は、多くの人に、その夢の実現のお手伝いをしなければなりません。
 さあ、私の夢はあなたの夢です。
 子供の頃からの魔法や夢は、たった一年で手に入る。今度はあなたがその夢をかなえる番なのです。

注意!お問合は スマホからお願いします

・超人的な武術の強さを身につけたい
・若さを保ち、長生きしたい
・武道の極意を身につけ、人生を豊かにしたい
・武道や武術を長く深く語り合える仲間がほしい
・いつも堂々として、はつらつとした人生を送りたい

BUDOカレッジでは、武術のパワーを借りて、いつまでも若さと強さと保ちたいと願い人の参加を大歓迎します。
しかし、真剣に武術に毎日取り組まなくては何の効果もありません。
従って、誰でもBUDOカレッジに入学できるわけではありません。
しかし、あなたが40歳以上の年齢で、武術や格闘技に毎日触れて、楽しい人生を送りたいと真剣に考えているなら、ぜひお申し込みください。
そうでない方のお申し込みは、ご遠慮ください。
BUDOカレッジは、選び抜かれた武術好きの仲間たちだけが集う、本格的な学びと交流の場なのです。

学費

支払方法
銀行振込
でお願いします
振込先は、お申込の返信メールに明記いたします
分割払いも可能です(12回払いです。1回につき手数料750円をいただきますので、1回の支払は9910円となります)

Q 直接道場や教室で学ばないのに強くなれますか?
はい。確実に強くなります。「強くなる」とは、他人との比較ではなく、昨日のあなたより今日のあなたが上達していることを意味します。
 毎日、練習することで、他人に左右されずに、あなたのペースで確実に強くなれます。
 また、一年間の長期にわたり、マンツーマンで先生が指導をするため、少しずつ確実に強くなります。
 そこがDVDで学んだ場合と大きく異なります。

Q 健康や長寿に役立ちますか?
はい。役立ちます。最新の研究では、加齢による体力低下の原因は運動不足と言われています。すなわち、運動を毎日することにより、歳をとっても体力は低下しないのです。
 また、脳も運動の刺激を与えることにより、機能は低下しません。新しい運動を身体に覚えさせることが、ボケ防止にも大きく役立ちます。

Q 自分ひとりで練習すると、ひとりよがりになるのでは?
完ぺきな指導体系があるので大丈夫です。
 配信映像を見て、わからない点があれば、何回でもメールで質問ができるので、完全に疑問を解消することができます。
 半年に1回のスクーリングに出席すれば、直接先生に直してもらうこともできます。
 また、動作を撮影して送っていただければ、動作チェックも先生に行ってもらえるため、早めに正確な修正もできます。

Q クラス以外の映像の配信はありますか?
サークルに入会すると、最新の武術・格闘技や、タイムリーな活動をあつかう最新動画が配信されます。
 さらに、約20年間にわたって蓄積してきた武術・格闘技のライブラリーを見ることもできます。。
 クラスを取れば、サークルに入会する権利が得られます(サークルの会費が別途必要です)。クラスが終了した後もOBとしてサークル会員を継続することができます。

Q 今後、クラスが増えることはありますか?
はい。新しいクラスが続々と増えていく予定です。
 複数のクラスを選択することも可能ですので、楽しみにしていてください。

30日間お試し期間

 各講義内容には、絶対の自信をもっています。
 最初の30日間はお試し期間とします。
 満足できなかったら、受講費の全額を返済します(銀行振込の場合は、振込手数料を差し引きます)。

オンライン体験者の言葉

中井洋輔 41歳

自分のペースで学べるので1年間続けられました

島輝明 44歳

道場ではわからなかった詳細も動画で理解できます

奥浜啓次 53歳

オンラインクラスは秘伝が満載

注意!お問合は スマホからお願いします

有限会社フル・コム 会社案内

特定商取引法に基づく表示

個人情報保護方針